採水地で選ぶ

メーカー名 採水地
フレシャス 富士山
クリティア 富士山
富士の湧水 富士山
富士青龍水 富士山
DMM.com 富士山
TOKAI 富士山朝霧・長野県
コスモウォーター 島根/山梨/大分/京都
ワンウェイウォーター 島根/山梨/大分/京都
ブルーウォーター 島根/山梨/大分/京都
アクアセレクト 三重県大台ケ原
アルピナ 北アルプス
ハワイウォーター ハワイ オアフ島
アクアクララ 全国:水道水
クリクラ 全国:水道水

当サイトでウォーターサーバーの情報を探している人は、わざわざ高いお金を出して、ウォーターサーバーを購入しようと考えているくらいでしょうから、安全性に興味を持っている方が多いかと思います。

安全なウォーターサーバーを選ぶ基準としては、浄化方法サーバーの衛生面がありますが、それ以上に大切な要素として、そのそもその水はどこれ採水されたのかという原水地を比較したら良いかと思います。

美味しい水の採水地のイメージ

例えば、以前は美味しい天然水が良いからという理由で、水道水をろ過したタイプではなく、富士山やアルプス、六甲など天然水であればどこで採れたのでも、同じと考える方が多かったようです。

しかし、原発事故が起きてからは、放射性物質の水への混入を気にして、九州の水や海外で採水された水を好む方が増えたと聞いています。

当サイトで紹介しているサーバーでは、上記の表のとおりコスモウォーターワンウェイウォーターが九州で採水された水を選べますし、ハワイウォーターなどはハワイで採れた水なので、放射能の影響は少ないと考えられます。しかし、同じように富士山などで採水された水も、地中奥深くから採水されており、放射能に限らず、化学物質による汚染は少ないと言われています。

このように、水の安全性という面では、採水地を比較するのは大切なことです。しかに上述した通り、水の浄化方法やサーバーの衛星面も大きな要素になりますので、総合的に選ぶのが賢い選び方と言えるかと思います。

あえて採水地で選ぶならコレだ!


point1.gifハワイで採れた天然水のハワイウォーターサーバー

ハワイウォーターの小さいバナー

日本から遠く離れたハワイが採水地であるハワイウォーター。

ハワイは、世界で最も環境汚染が少ないと言われています。ハワイウォーターの採水地であるオアフ島に降り注いだ雨が、オワフ島に存在する火山岩(まさしく天然のろ過装置ですよね)を通って25年の長い時間をかけて、地下の水源溜まるそうです。そんな安全でおいしいウォーターサーバーはこちらで確認できます。
>>詳しくはこちら


point2.gif九州の水が欲しいならコスモウォーター

コスモウォーターの小さいバナー

コスモウォーターは島根/山梨/大分/京都の中から好きな天然水を選べるサービスを提供しています。もしも九州の水が欲しいという方は、こちらのコスモウォーターの中から、大分県で採れる「日田天然水 日田の誉」を注文したらいいかと思います。 この地域は、古来より「水郷 日田」と称えられており、国土交通省の「水の郷百選」にも選ばれるくらい、周辺の水源は美しいと評判です。そんな天然水をろ過して不純物だけを取り除き、そのまま自宅まで届けてくれるのがこちらのコスモウォーターです。
>>詳しくはこちら

このページの先頭へ