ウォーターサーバー電気代はどれくらいかかる?

回答スタンダードタイプのサーバーで月に約1000円程です。

いつでも冷たいお水と、熱いお湯が出るウォーターサーバー。とても便利なウォーターサーバーですが常に電源を入れておく必要がある為、電気代がいくらくらいかかるのか気になるところですよね。

ウォーターサーバーは多く発売されていますので、機種によっても電気代はどう変わってくるのか、省エネタイプのウォーターサーバーはあるのかどうか、他の家電と比べて電気代はどうなのか、疑問がでてくると思います。気になるウォーターサーバーの電気代ですが、一ヵ月で約1000円といったところです。概ねどの機種も電気代はそこまでかかりません。

ただメーカーによっては省エネタイプのサーバーがでており、こちらは一ヵ月で約700円程になりますが、省エネタイプをラインナップしているのは、コスモウォーターやアクアクララ、ヅレシャス、クリクラなどの一部の水の宅配会社になっています。もしも省エネタイプを希望の場合には、これらのメーカーを選ぶ必要がありますね。ただレンタル料が通常タイプの場合無料でも、省エネタイプは500円別途かかったりしますので、料金面で安い方がいいと思うのであれば通常タイプを選んだ場合の方が安くなることもありますので、詳しくはこちらの表を参考にトータルで必要なコストをご確認下さい。

ウォーターサーバーがある方が電気代が安くなるケースもある?

電気料金のイメージ常に稼働させておく必要があるウォーターサーバーは「電気代が高そう・・・」という声がよく聞かれます。ですが、常に同じ電源を入れておく冷蔵庫と比べると電気代の変動がほとんどありません。

というのもウォーターサーバーは水とお湯の温度を常に一定に保っており、利用する時は栓をひねるだけですので、先の電気代は温度を一定に保つための電気代となります。一方冷蔵庫は庫内の温度を一定に保つために電気をつかいますが、扉の開け閉めの際に温度が上がる為、電気の消費は利用料により大きく変動してきます。

省エネ仕様の冷蔵庫の一ヵ月の電気代が500円程ですが、しかしこれは開け閉めをした場合の料金ではありません。冷蔵庫を一日締めっぱなしで利用する事はほとんどありませんから、月の電気代は500円より当然高くなります。純粋な利用料としてウォーターサーバーと冷蔵庫の一ヵ月の電気代を比べるとほとんど変わらないくらいになるかと思います。

しかしウォーターサーバーと冷蔵庫を併用する事によって、冷蔵庫の開け閉めが減り、また、お湯を沸かす際のガス代や、ポットの電気代と考えていくとウォーターサーバーを利用した事によって他の家電の光熱費が下がり、トータルの家計全体として光熱費が下がる事もあるんですね

≫ 一番電気代が安いウォーターサーバーはこちら

« 省エネタイプのサーバーは通常タイプと何が違う? | ホーム | 1ヶ月のお水代はどれくらいかかりますか? »

このページの先頭へ