メーカーによって何が違うの?

回答大きく分けて『水の質』『費用』の2つが違います。

ウォーターサーバーを維持するためには、金額的なところでいうと、電気代、サーバー代、お水代、メンテナンス代がかかってきます。電気代は各社とも1000円程です。

エコ仕様のサーバーもありますが、その分サーバー代に500円プラス等される為、電気代に関しては左程差はありません。サーバー代はメーカーによって違いますが、多くが無料で提供しており、アクアクララやアルピナ、ハワイウォーター等は月に600~1000円程かかります。お水代はメーカーによって差があり、安いところで995円、高いところでは2730円です。

またメンテナンスはセルフメンテナンスの場合とメーカーによるメンテナンスと分かれていますが、概ね無料です。ただアクアセレクトは年間3000円、クリクラは年間5250円かかります。金額的な部分は各メーカーによって様々です。サーバー代や、メンテナンス代が無料といってもお水の値段が高かったりしますので、こちらで書いてあるようにトータルコストで選ぶ必要があります。

採水地や浄化方法が異なる

何が違うの?また、お水については採水地が各メーカーによってかわってきます。フレシャスやクリティアのように富士山を採水地としているところもあれば、ハワイウォーターはハワイにて採水しています。

また、アクアクララやクリクラは水道水を濾過しています。場所は違いますが、全て軟水のお水です。浄化方法については不純物を除去する超特殊フィルターであるRO膜にて濾過する場合と、濾過後加熱処理したもの、非加熱処理のものとわかれます。より安全なお水を求めるならRO膜で処理したものがおすすめですし、おいしいお水がよければ天然水で加熱処理をしていないもの、と選ぶといいでしょう。

値段、サービスと各社違いがあるものの、その多くの違いはお水の違いと、そのお値段になると言えますね。採水地、浄化方法、水の種類、この水を入れるボトル方式はメーカーによってまちまちです。その他のサーバーのサイズであったり、電気代などはそこまで大きくは変わりません。

« 不要になったらスグに解約できる? | ホーム | ウォーターサーバーの賞味期限ってどのくらいなの? »

このページの先頭へ