飲み終わったウォーターボトルのゴミは邪魔にならない?

回答最近は使い捨てタイプも増えおり、邪魔になりにくいです。

リターナブル方式だと回収までの期間はかさばります

お水を宅配してくれて、重たいペットボトルなどを運ぶ手間のない便利なウォーターサーバーですが、飲み終わったボトルは回収にくるまで保管しておく必要があります。どのメーカーも概ね12リットルで、30立方程。差込口がありますので、重ねて保管することは難しいです。

専用のボトルラックを使用すれば場所は比較的少なくてすみますが、それでも飲み終わったボトルを置いておかなければいけません。このようなタイプのボトルを「リターナブル方式」のボトルと言います。業者が回収したボトルは殺菌洗浄したのちに再利用されますので、環境にも配慮されており、また再利用している為コストが安くなり、その分お水の値段も安く提供できているようです。

新しいワンウェイタイプだと捨てることができますが少し高くなります

使い捨てボトルのイメージ飲み終わったボトルがかさばって嫌だという方は「ワンウェイ方式」の新型ボトルはどうでしょうか。ワンウェイ方式とは給水の際にボトルが小さく縮んでいくタイプのボトルです。小さく縮んだボトルはそのまま捨てる事ができます。リサイクル可能なペット容器であれば、環境にも優しいです。

ただリターナブル方式のボトルとは違い、使用済のボトルを自分で処分する必要がありますので、ワンウェイ方式ほどかさばりはしませんが、自治体によってはペットボトルの回収日まで保管しておく必要はあります。また、ボトルを再利用しない分、価格はやや高くなります。

その他ワンウェイ方式の利点として給水時にボトルに空気が入り込まない為、最後まで衛生的に利用できる点が挙げられます。一方リターナブル方式のボトルは給水時にぽこぽことボトルに空気が送り込まれるため雑菌やかび菌などがボトル内に入り込みます。(サーバーに高性能フィルターをとりつけ、空気中のゴミ・粉塵を除去するサーバーもあります)

お水の一ヵ月の使用量は1人あたり約1ボトルです。月々まとめて注文するメーカーだと、4人家族であれば4本のボトルが常に家にある状態になります。ワンウェイ方式であれば飲み終わった後のゴミはさほど気にならないでしょう。安く、ゴミ捨ての手間のないリターナブル方式のボトルか、より衛生的で邪魔にならないワンウェイタイプのボトルか。

利用シーンやお財布事情などに合わせて最適なタイプを選んで下さいね。。
≫ ボトルタイプの違い一覧はこちら

« お水にはどんな種類があるんですか? | ホーム | 不要になったらスグに解約できる? »

このページの先頭へ