ウォーターサーバーの賞味期限ってどのくらいなの?

回答未開封で6ヶ月くらいを目安にしましょう。

届けてもらったウォーターサーバーのお水の賞味期限は未開封の状態で大体6ヶ月~1年くらいというメーカーがほとんどです。

開封後の賞味期限は2週間~1ヶ月を目安に使い切りたいというところでしょうか。ウォーターサーバーのお水は防腐剤や保存料が入っていないので安心して飲むことができますが、そのような添加物がないということは賞味期限も短くなってしまいそうな感じがします。

ですが、ウォーターサーバーのお水はろ過していたり加熱処理していたりと安心して飲めるように処理され、容器に密閉することで雑菌が入らないようにしてあるので長期保存が可能になっています。コンビニやスーパーマーケットなどで売られているペットボトル入りのお水も1年くらいの賞味期限というものが多いのでウォーターサーバーの水でも同じくらいと考えていいでしょう。

古いボトルから順番に飲もう

災害の時などのためにペットボトル入りのお水を数本くらい備蓄水として用意してある家庭も多いのではないかと思います。もしものときのために非常食やお水を準備しておくのはいいことですが、そのようなものにも賞味期限があるということを忘れてはいけません。ペットボトル入りのお水を備蓄水として準備した場合、1度買ったことで安心してしまい、賞味期限のチェックを怠ってしまうということが考えられます。そうなるといざという時に賞味期限切れで飲めないということもあるかもしれません。

ですが、ウォーターサーバーのお水ならば数本ボトルを多めに購入しておくとそれが備蓄水になりますし、日常的に使っているお水なので先に届いたものから使っていくという習慣を作ってしまえば賞味期限の管理を意識することなく賞味期限がうっかり切れてしまったということにもなりにくいでしょう。ただ、気を付けておきたいのはボトルの保存状態です。賞味期限内だとはいっても保存状態が悪いとボトルが未開封でもお水は劣化してしまうことがあります。高温になりやすい場所や直射日光が当たるような場所は避けること、もちろん屋外での保存も避けた方がいいでしょう。

開封後の賞味期限に関しては、ペットボトル入りのお水よりも期限は長いと言えます。ペットボトルのお水は1度開封すると外気に触れることになってしまうので雑菌やホコリが入りやすくなってしまいます。その点ウォーターサーバーのお水は雑菌などの混入を防ぐ対策が各メーカーされているので開封後でも安心してお水を利用することができます。

お水の注文ノルマがあるの?

賞味期限があると気になるのが、利用本数に関するノルマ。やはり送料無料などの関係で、多くのメーカーで注文最低数が決められています。

1ヶ月に1回のお届けで最低2本からの契約などのように注文する最低ラインが決められていることがほとんどです。これはサーバーレンタル料が無料のサービスをしているメーカーが行っている方法です。中にはサーバーレンタル料がかかるけれどもノルマのようなものはなく、自由に注文できるスタイルのメーカーもあります。

どちらの方式のメーカーにするのかはライフスタイルによって選ぶといいでしょう。例えば家族が多かったり、飲料水としてだけではなく料理にもウォーターサーバーの水を利用する予定の家庭では水の消費が多いので、ノルマがあったとしてもすぐに使い切ってしまうでしょう。また、なくなりそうになる度に注文するスタイルだと注文をし忘れたりしてしまう方や忙しい方は定期的に届けてくれるタイプのメーカーが便利に感じるはずです。お水の届けられる量や時期が決まっていると忙しくてもウォーターサーバーのお水を切らすことなく使い続けることができるのでとても利用しやすいはずです。反対に家族の人数が少なかったり、家にあまりいないので水を使う頻度が少ないという家庭では水がなくなくなるたびに注文するスタイルの方が合っているかもしれません。

どのようにお水を配送してもらうかを決める際にはどの位の水を毎日利用しているかを考えてみるといいでしょう。自宅にいる時にどのくらい飲み物を飲んでいるか、料理にもどのくらい利用するか1日だけ気にしてみると大体わかってきます。一般的には1人暮らしの方は1ヶ月24リットルくらいのお水を利用すると言われているので意外とノルマがあったとしても簡単に使い切ってしまう量だと思います。家族の人数が増えるとその分お水の利用する量も増えるのでノルマがあるということはあまる気にするポイントではないのかもしれません。気がついていないだけでお水を飲む量や料理に使っている量が意外とあることにびっくりするかもしれません。

また、配送パターンというものも注意しておいた方がいいポイントです。ウォーターサーバーのお水の配送パターンはメーカーによって色々です。1ヶ月に1回というものや、2週間に1回、毎週配送など様々なのでどのようなサイクルで届けてもらうと生活パターンにピッタリくるか考えてみましょう。

お水の使用量が少ないかもしれないのでノルマがあると気になるという場合にはボトルに入っている水の量が少ないタイプのサーバーを選ぶというのもいいでしょう。一般的なウォーターサーバーの水の量は12リットルというものが主流だったのですが、最近では8リットルくらいのものや5リットルくらいのコンパクトなものもあるので少なめのウォーターサーバーを選んでみるといいでしょう。

« メーカーによって何が違うの? | ホーム | ウォーターサーバーの逆浸透膜ろ過方式って何? »

このページの先頭へ