飲む水の温度による体への影響の違いってあるの?

回答目的によって飲料水の温度は変えましょう!

健康への第一歩として、毎朝コップ一杯の水をゆっくり噛むようにして飲みましょう。

そんな健康法を聞いたことがありませんか。その際に皆さんは冷蔵庫入れてキンキンに冷えた水を飲みますか?それとも、常温のお水を飲みますか?温かい水を飲みますか?(ここでの冷たいお水とは5度~15度、常温のお水とは20~35度、温かい水とは60度~80度を目安とします。)

この場合に飲むお水の温度は常温もしくは温かい水が効果的と言われています。

では次に、これから暑くなり熱中症に気を付けなければいけないですね。熱中症対策のために水分補給をする場合には、冷たいお水、常温のお水、温かい水どの温度のお水を飲みますか。この場合に飲むお水は、冷たいお水を飲むのが効果的です。

目的によって冷水と温水を飲み分けよう!

このように、その時の状況や目的に応じて飲む水には最適な水の温度があるということをご存知でしょうか。それは、水の温度によって体への水分吸収の速さと胃腸への負担が異なるからなんです。

冷たいお水は、体への吸収が早いが、胃腸への負担が大きい。常温のお水は、体への吸収はゆっくりで、胃腸への負担は少なくて済みます。温かいお水は、体への吸収はとても遅く、胃腸への負担は全くありません。

お水の温度と体への影響が分かったところで、それぞれの水がどんな時に飲むのが望ましいのかさらに詳しくご紹介していきたいと思います。

まず、冷たいお水を飲んだ方が時というのは、先ほどお話した熱中症対策の時、さらにスポーツの後、バスタイムの時などです。この状況に共通しているのは、汗をかいたりして体内の水分量が減少しているという点です。そのため、すぐに体に水分を素早く与えなくてはならないため、体への吸収が早い冷たいお水が適していると言えます。

また、便秘の時には冷たいお水を飲むといいと言われています。それも、胃腸へ負担が大きい冷たい水が胃を刺激してくれて便通が良くなるからなんです。

次に常温の水や温かいお水がいい時です。クーラーの効いた場所に長時間いた時や体を動かしていない時は常温の水か温かい水が最適です。この状況で共通しているのは、体が冷えているという事と細胞の働きが鈍くなっているという点です。そのため、胃腸へ負担をかけずゆっくりと体を温めて、さらに細胞の働きを活発にする常温の水や温かい水が適していると言えます。

また、温かいお水を飲むとリラックス効果が高まるため、夜寝る前にのどが渇いた時には常温の水よりも温かいお水を飲むといいでしょう。

状況や目的に合った水の温度調整をする事で、健康への第一歩が大きな一歩となるでしょう。ぜひ参考にしてみてください。

« 二日酔いに効くって噂の水素水ってなあに? | ホーム

このページの先頭へ