ウォーターサーバーを使っての調乳の仕方

赤ちゃんがミルクを飲んでいる写真

ここでは、ウォーターサーバーのお湯を使っての粉ミルクの作り方を紹介します。

現在赤ちゃんがいて、粉ミルクを使って授乳されている方は、こちらのサーバーのお湯を使っての調乳の仕方をご参考下さい。大事な、赤ちゃんのためにもしっかりと知っておきましょうね^^

ウォーターサーバーを使っての粉ミルクの作り方

  1. 消毒済みの哺乳瓶に粉ミルクを規定分量入れる
  2. ウォーターサーバーのお湯を使って、粉ミルクの分量に合わせた湯量を入れる
  3. 粉ミルクをしっかり溶かす為、乳首・キャップをしっかり締めて円を描くように回す
  4. しっかり溶けたら水道水などの冷水でひと肌程度にミルクを冷ます

このような手順でサーバーの安心安全なお湯を使って調乳してください。ここで注意点ですが、ウォーターサーバーのお湯で、ある程度粉ミルクを溶かしたものに、ウォーターサーバーの冷水を混ぜて与えている方もいらっしゃると思いますが、この仕方では、粉ミルクにがしっかり溶けきる前に水を入れてしまう恐れがあるため、オススメできません。

なぜかというと、粉ミルクは細菌が存在している可能性があり、この細菌は70℃以上の湯でしっかり溶かさないと、雑菌の繁殖を広めるリスクがあるのです。よって、しっかりと粉ミルクを溶かしきって、冷ますというようにした方が良いのです。また、水道水などで一度沸騰させて使っている方でも、沸騰してすぐの湯を使ってしまうと、粉ミルクに含まれるビタミンなどの成分を分解してしまう恐れがありますので、一度沸騰させたら、約70℃から90℃までの湯に冷ましてから使うのが良いのです。

ウォーターサーバーのお湯を使う場合は、もともとサーバーの湯温はもともと約80℃から90℃と設定されていますので、安心して粉ミルクを溶かすお湯として使うことができます。(お湯の温度はサーバー機種によりますが、調乳専用のポットのような細かな設定はできません。)

その後はしっかり赤ちゃんが口に入れても大丈夫な、ひと肌程度にミルクを冷まして与えることが、最良の調乳の仕方と言えるのです。

なお当サイトでは、赤ちゃんのミルク作りに最適な水としては、ミネラル含有量が少なく未発達の内臓を持つ赤ちゃんに最適なこちらのアルピナと、産婦人科でも使われている信頼のブランドのこちらのクリティアを提案しています。

このページの先頭へ