熱中症対策に水分補給!

毎年、夏になるとよく聞くことになる言葉が『熱中症』ですこの熱中症というのは、基本的には、夏場のような、熱くて、しかも湿度が高いために、汗が蒸発しないような、高温多湿の環境下に長時間いることによって、なってしまう、症状を指すんです。

では、暑さを防げば、熱中症にはならないか、というと、そうでもありません。実は、熱中症という病気は、暑さだけが原因ではなく、温度が低くても、湿気が多く、汗をかきにくいような状況では、体に溜まった熱が抜けないために、かかることがあるんですね。

例えば、春先のような、そこまで熱くないときであっても、前日に比べて温度、湿度ともに上昇したときには、熱中症に対する注意が必要になる、割と発生しやすい症状なんです。

そこで、このような熱中症の予防におすすめした対策方法が、適度な水分補給すということになります。基本的に熱中症という状態は、体に熱が溜まってオーバーヒートしているような状況です。

この原因として、高温多湿により、熱が逃げにくいということがありますが、同じように、体の中の水分不足によって、熱中症が引き起こされる可能性もあるんですね。

ですので、このような環境の時には、こまめな水分補給を意識して下さいね。

特に、夏場の運動においては、熱中症対策は必須です。

試合中にトイレに行きたくない等といった理由で、水分を控えるのは、あまり良くありませんね。運動の前には、きちんと水分を補給して、更には、運動の最中にも、スポーツドリンクなどをきちんと摂って熱中症を予防しましょう。

あと、アルコールは利尿作用があるために、脱水症状になりやすく、熱中症を引き起こす恐れがあります。ですので、夏場の、ゴルフの前のビールなどは控えて、そして、しっかりと水をとってから、運動して下さいね。

では、熱中症の予防のための水の大切さ、ということでお話しました。

« 水の重要性について | ホーム | 『水』というものそのものについて »

このページの先頭へ