水道水の塩素消毒の危険性とメリット

私たちに欠かせない水道水は、どのような過程でキッチンの蛇口から出てくるのでしょうか。

一般によく言われる「水道水」というのは、飲用可能な上水道のことを指します。しかし行政上では、使用の規模や対象により、上水道、簡易水道、専用水道、営業水道といった、様々な分類が存在します。

私たちがよく知っている通り、上水道の水には、消毒の目的で塩素が含まれています。これは、厚生労働省が水道法第22条「蛇口における水が、塩素を0.1mg/L以上保持するように塩素消毒をすること」に基づいているためです。

塩素消毒は、採水から家庭まで送水されるまでに2回行われます。まず1回目の消毒では、採水地から取り込んだ貯水槽の中に塩素を投入します。これは、水の中のに含まれるアンモニアやプランクトンを殺菌消毒し、感染症を予防するためのものです。そして、2回目の消毒では、一般家庭までの配水系に塩素を投入します。これは、私たちの家庭まで安全に送水するためのものです。このような過程をたどって、水が届きます。

塩素消毒のおかげで、私たちは綺麗な水を使うことができます。しかし最近では、この塩素自体に、人体に悪影響を及ぼす可能性があるという指摘もあるのです。そこで以下では、塩素消毒の良い点と悪い点についてまとめます。

塩素消毒のメリット〈良い点〉

・消毒効果が大きい 特に細菌類にかなりの効果があり、その他藻類やウイルスにも効果があります。

・残留効果が期待できる
残留効果とは、消毒の効果が長持ちすることです。水道水の塩素消毒では、採水地から家庭までの長距離を消毒しなければならないため、途中で細菌が再増殖する可能性があります。残留効果がある塩素は、非常に有効です。

・大量の水に対しての消毒が容易
家庭での一人あたりの使用水量(1日当たり)は、241L(平成18年現在)となっています。日本だけで、毎日大量の水が使われており、その膨大な量の水を消毒するのに、塩素は有効です。

塩素消毒のデメリット〈悪い点〉

・人体に悪影響を及ぼす可能性がある 水道水中に発がん性物質や、毒性のあるトリハロメタンの発生が指摘されるようになりました。

・クリプトスポリジウムなど、塩素消毒が効かない細菌がある
クリプトスポリジウムとは寄生性原虫で、耐塩素性があります。

・設備が劣化しやすい
塩素はステンレス鋼を腐食させる特徴があります。

水道水おについてめとめ

以上のような水道水の特徴を踏まえたうえで、もう一度水の使い方について考えてみてはいかがでしょうか。

« 温泉水を飲む場合の注意点 | ホーム

このページの先頭へ