水の重要性について

ここでは、水の豆知識として、水の重要性について説明します。

人間の体は、なんとその約60%が水でできています。更に詳しく書くと、例えば小さな赤ちゃんの時には、なんと体の約70%が水分なんです。そして大人になるに従って少しずつ水分の量が減っていき、成人で約60%で安定するようになります。

つまっり、大人であっても、子供であっても、私たち人間の身体の半分以上は「水」で出来ているといえるのです。このように、体の大部分を構成する水ですので、その水が健康的なお水なのか、それともあまり体にとって良くない水なのかというのは、大きな違いですよね。

私たちは、1日でおよそ2.5Lの水分を、水そのままであったり、食事からであったりしますが、摂取するんですね。そして、そのうちの約半分を、私たちは飲料水という形で飲んでいるんです。

このような水は、老廃物の排出においても重要な役割を担いますし、また新細胞の生成を促す新陳代謝という観点では、水は非常に大切な役目をもってい ます。さらには、水というには、私たち現代人にとって、不足しがちな色々な種類のミネラルを摂取においても、かなり大切な供給源にもなっているんですね。

このように、まさに、身体の健康にとって、一番の基本ともいえる水ですので、健康に関心のある方は、健康食品やサプリメント、また定期的な運動などとあわせて、『毎日のむ水』にも注意を払っていきたいですね。

当サイト「ウォーターサーバー比較ランキング」でも、おすすめの水や管理人も愛用している評判のウォーターサーバーを厳選してお伝えしていきます。

« ウォーターサーバーをレンタルするメリットを口コミ | ホーム | 熱中症対策に水分補給! »

このページの先頭へ