赤ちゃんが必要としている水分の量(必要水分量)について

子供が水を飲んでいるイラスト通常人間の体は3分の2が水分でできているといわれており、水分は人間の体そのものであり、必要不可欠なものです。そして人間はスポーツなどせずに普通の生活を送っていても、一日に約2リットルの水分を失っているといわれています。

そして赤ちゃんの必要水分量は、10キログラムまでの赤ちゃんでは、体重一キロ当たり約100ミリリットルと水分量が必要といわれています。

当然暑い季節や汗をかいた時などは、それ以上の水分量が必要になるでしょう。大人はのどが渇いたり、自分自身が欲することで、水分補給を行いますが、乳幼児の場合は、時に自分から訴えることがない場合がありますので、注意が必要です。

赤ちゃんが自分から訴える時は良いですが、そうでない場合、どういった時に水分補給をすればよいか。その判断方法はたくさんありますが、まず一点目として、排尿の状況を観察すること。水分が足りていない排尿は濃縮尿といって、通常の排尿に比べて、濃い色になります。

おむつなどに出ている場合は見分けが付きにくい場合もありますが、普段からよく観察して、普段より色の濃い排尿がある場合は、水分が足りていない可能性がありますので、必要水分量はしっかりと水分補給をしてください。

また、排便の状況にも注意が必要です。水分が必要水分量を足りていないと、排便も硬くなります。当然個人差はありますが、毎日大事に育児をしている母親なら、その子の排便が普段どのぐらいの硬さをしているかは十分把握していると思いますので、普段と比べて硬い排便の場合は、必要水分量の水分補給をする必要があります。また排便状況には、もう一つ観察すべきポイントがあります。それは排便の回数です。これも当然個人差はありますが、いつもと比べて排便の回数が少ない場合も必要水分量を下回っている可能性がありますので、水分補給が必要です。

どんな水分を補給するのが良いのか

最後に、どんな水分を補給するのが良いのかお伝えしますね。まず知っておかなくてはならないのが、人の一日の必要水分量は、水分だけではなく、食事摂取によることで補える水分の含まれるということです

通常の食事であれば、一日の必要水分量の約半分の水分を摂取できるといわれておりますので、一日の必要水分量の約半分を、水分補給でまかなうことになると思います。

そしておすすめする水分は、やはり浄化されたキレイな水やお茶が良いでしょう。イオン飲料やジュースは甘みがあるため子供が喜ぶ場合が多いですが、糖分や塩分が体に負担を与える場合がありますので、普段の通常の水分補給は、茶か水が良いでしょう。その点でも、ウォーターサーバーというのは浄化された水の上、いつでも冷たく美味しく飲めるので、赤ちゃんに対してもとても良いと思います。

« ウォーターサーバーを導入する家庭がどんどん増えている | ホーム | ウォーターサーバーの試飲 »

このページの先頭へ