ウォーターサーバーを導入する家庭がどんどん増えている

最近、私が通っている歯医者の待合室に設置されたウォーターサーバー。そういえば、美容院にも設置されたし、子供が通っている英会話学校にもTOKAIの水が置いてあったなぁ。

ほんとに色々な場所で、ウォーターサーバーを見かけるようになりました。ネットで調べていると、矢野経済研究所という機関のデータによると、ここ数年でウォーターサーバーの市場は確実に伸びているようで、なんと5年前と比較すると2.8倍にもなっているそうです。

もともと健康意識の高まりがあったところに、震災の影響があり、備蓄という視点からも、自宅にウォーターボトルを置いておける水の宅配サービスに対するニーズが高まったのだと思います。

日本の水道水は世界的には稀なくらい安全でおいしいと言われていますが、以前に東京の利根川水系で化学物質が検出されたといった、ニュースもあり、何があるか分からない時代。

クリクラやアクアクララのようにRO膜などでしっかりと浄化された水や、フレシャスやクリティアのような汚染から隔離された水源の天然水などに関する需要はこれからも高まっていくんでしょうね。

また、富士山の天然水のようなバナジウムが入っていたり、日田の天然水のようにあゲルマニウムが入っているといった具合に、水道水と違いミネラルウォーターには健康をサポートするミネラルが入っています。

ぜひ、あたなのライフスタイルや家族構成に合わせて、ウォーターサーバーを検討してみてはいかがでしょうか?

« 糖尿病の方の水分摂取方法について | ホーム | 赤ちゃんが必要としている水分の量(必要水分量)について »

このページの先頭へ