超軟水は料理や飲料だけでなく心身の面からもおいしい

超軟水のイメージ写真

福岡県と大分県の境目にある村に超軟水と言われている湧水があります。鉄道の駅構内に湧水が出ており、連日多くの方がその水を求めて訪れています。

自然に湧き出た水を給水器を通すことなく、そのままの状態で水を汲むことができました。以前は100円を納めれば、いくらでも汲むことができたのですが、管理費や維持費の負担が大きくなり、マナーも悪化したことから給水制限を設けることとなりました。給水器を設置して100円を入れることで30リットルまで汲むことができます。

タンクやペットボトルを大量に持参し、一般客も多くの水を汲んでいますが、飲食関係の方も多く訪れています。使用用途は様々なものがあります。料理や飲料に使用する場合が多いかと思います。特にコーヒーに使用するとなめらかになり、コーヒーの苦みを和らげてくれます。

コーヒーが苦手な方にも飲みやすくなり、マイルドコーヒーとして提供しているところも多くあります。コーヒーに限らず、マイルドな味にしてくれるので、身体にも良く、おいしい料理を提供することができます。水の硬さで料理の味やコーヒーの味が比べ物にならない程大きく変化します。それ程水は料理や飲料には重要なものであります。

超軟水を飲料すると身体に良い面があります。お風呂の湯に使用するとお肌に効果が表れます。お肌がつるつるとなり、湯あがり後はしっとりすべすべします。湯に浸かっていると身体がぽかぽかとなり、湯ざめ防止にもなります。石鹸を使用してもお肌がつっぱることはありません。髪がしっとりとし、シャンプー後のリンスが不要な程です。

日ごとに肌が活性化され、しっとりした肌に改善されます。髭剃りがスムーズで剃刀負けが改善されます。お風呂に入ることによってこれだけの効果をもたらしてくれます。身体の表面上も良くなりますし、内面からも健康的な身体にすることができます。このような湯に浸かるので、リラクゼーション効果も高いものとなります。

心身の疲労回復には最も適している湯だと思います。時間や労力をかけて水を汲みに行っても、それだけの効果を得ることができるので、惜しむことなく使用し続けた方が良いかと思います。料理や飲料としてだけではなく、心身面においても大変おいしいものであることは間違いないかと思います。たかが水と思われる方も多くいるかと思いますが、水の硬さによって、これ程までに効果、効能に違いが生じるのも間違いないことなのです。

« 湯冷ましの水におすすめのピュアウォーター | ホーム | 非加熱天然水の特徴 »

このページの先頭へ