給水タンクを通販しようとしても売り切れ!?でも私は大丈夫!

先ほどの記事で書きましたが、利根川水系の浄水場で国の水質基準を超えるホルムアルデヒドが検出されたため、千葉県の広い地域で断水が続いているようです。

既に周辺では、給水タンクも売り切れが続出しているために、ネットなどでタンクを通販する人が増えているようです。これは以前の原発事故の時と同じ状況ですね。やはり、いまの時代はいつどこで何があるか分かりません。こういった時にウォーターサーバーがあると、サーバーにセットする水ボトルが備蓄水になるのでおすすめです。

よくウォーターサーバーなどの水の宅配ってオフィスのような場所とか病院しか設置できないと思っている人も多いんですが、全然そんなことはありません。最近は、アクアクララやクリクラのサーバーのように一般家庭を意識した商品も多く、解約手数料が無料などとても身近な存在になっています。

地震や今回のホルムアルデヒドの検出などが起きると、断水になりいつ復旧するかもわからなくなります。給水タンクで数リットルの水を備蓄しても限界があるし、運ぶのも大変だと思います。

ウォーターサーバーなどはこちらを見てもらうと分かる通り、市販のペットボトルの水を買うよりも安いくらいです。しかも1ボトル辺り、だいたい12リットルはありますので、家族4人で飲んでも数日はカバーできます。

ぜひこの機会に、安くて安全、しかも万が一の時には備蓄水にもなるウォーターサーバーを検討したら如何ですか?変に給水タンクを購入するよりも、お得で便利だと思いますよ。

« ホルムアルデヒド検出?利根川にいったい何があったのでしょうか? | ホーム | 子供に安心のウォーターサーバーのチャイルドロック機能の説明 »

このページの先頭へ