乳幼児の子供の水分量

乳幼児はまだ生まれたばかりで体の機能が充分に発達でいしないため、どうしても脱水症状になりやすくなっています。だから乳幼児の子供がいる方は水分量をしっかりと知っておくことが大事です。適量のお水を飲ませているだけだと子供は脱水症状になってしまいます。

また余談ですが、風邪を引きやすい人は水分が足りない人が多いようです。水分が体にたくさん入っていれば多少の風邪は引きにくいと言われることもり、また熱中症予防にもつながりますので、しっかりと水分は補給しましょう。

また乳幼児と同様に子供の体の中は水分がとても多いです。普通の大人は体重の60パーセントは水分ですが、新生児で80パーセント、乳児は70パーセントが水分になっているため、たくさんお水を摂取させなければいけないのです。また新生児と乳生児の細胞外液も多いんですね。

細胞は私たちの体の中にたくさん入っていて、その数はなんと60兆億もあるといわれています。そして人間の体の中に入っている水分は細胞内液と血液とかの組織の間などの細胞の外側にある細胞外液の2つに分けることができ、体の中に入っている水分は新生児のほうが多くなっているということがすぐに分かります。

このように、乳児などの赤ちゃんは大人と比較すると水分が相対的に多く含めれており、体の大きさの割にはかなり多い、一日500ミリリットルのミルクを5本程度をは飲ませなければいけません。時間帯をよく考えながらどの時間にミルクを飲ませなければいけないのか考えなければいけないのですよね。

万が一、乳幼児が脱水症状になったときの症状もよく知っておくことが大事です。乳幼児が脱水症状になったときのことを考えて3つのことをよく知っておいてください。1つ目は体重のことについてです。水分量が減ると乳幼児の体重は急激に減っていきます。普通の体重と比べてみると分かります。

体重が急激に減っているということは危険だという証拠です。次に大切なことは乳幼児の尿の量です。尿はオムツを触れば分かります。いつもよりも尿をする回数が少ないと脱水症状になってしまっている可能性があります。水分量が減っているからです。水分量が減っていれば尿も出なくなってしまいます。

3つ目は皮膚のことに関してです。皮膚が乾燥していれば体の中の水分が少ないということになってしまいます。乳幼児の手や足は水分がたくさん入っているような感じです。触ると気持ちが良いです。子供の特性などによって異なってしまうこともあるのですが、だいたいの乳幼児の手はみんな同じような感触です。(乳幼児は皮膚が柔らかいため、傷ができてしまったときに出血しやすいのもあるので、ケガには気おつけるようにしてください。乳幼児のことをよく知って、元気がいい子供を育ててください。)

このように、乳児の水分量は大人よりも相対的には多く、まだ体も未発達でミネラルも充分に処理できません。そこで、ミネラル含有量や、水の安全性などを参考にして、赤ちゃんのミルク用に最適な水をぜひ飲ませてあげてくださいね。

こちらで紹介している安全性の高いウォーターサーバーから、調乳用の宅配水をお選びくださいね。

« 炭酸水ダイエットのやり方 | ホーム | ウォーターサーバーのメリットとデメリット »

このページの先頭へ