水がきれいな県で採水されたウォーターサーバー

自然破壊と言う言葉が世の中で盛んに使われ始めて久しくなります。ジブリの平成狸合戦ぽんぽこを見た時に、私は強烈に自然破壊を感じましたし、もういつの頃から言われ始めたのかも忘れてしまうほど長い年月が経った気がいたします。

東京や大阪などの大都会を訪れると確かに自然は破壊されてしまい、ちょっと息苦しく感じることもあります。

一体何処に行けば菜の花が見られ、林が見られ野原といわれる風景に出会えるんだろうと、たまに都会にいくと感じてしまうこともあります。田舎に住んでいるので。

でも、都会の人は山を見る機会もすくなく、もしかしたら海を近くに感じる事もないのかもしれませんね。でも、大都会の生活はそれでも成り立っています。ウォーターサーバーの比較サイトを作って、水の宅配分野に誰よりも精通している管理人ですが、改めて言うまでもなく、人間の体のほとんどは水なんですよね。

では、今の日本にキレイな川はあるのでしょうか?

もちろん、日本にもまだまだキレイな川もあり、こちらで書いたように、ウォーターサーバーの採水地は富士山の地下水であったり、三重県大台ケ原であったり、北アルプスであったり、島根/山梨/大分/京都の美しい源泉を使っています。

例えば、コスモウォーターの日田天然水 日田の誉は九州の名水である三隈川が採水地です。ここは、政府が認定した「水の郷百選」にも選ばれているほどの美しい水です。

また、こちらのアルピナは、「日本の屋根」とも呼ばれる北アルプスのキレイな雪解け水を、その原料としています。

このように、自然破壊が叫ばれて久しいこの頃ですが、当サイトで紹介しているウォーターサーバー各社は、その採水地をしっかりと検討しています。そして美しい川や富士山の地下などの汚染されていない地下水など厳選して利用していますので、安心して毎日おいしい水を飲めるかと思います。

« ウォーターサーバーを備蓄水としても活用する | ホーム | ホルムアルデヒド検出?利根川にいったい何があったのでしょうか? »

このページの先頭へ