ウォーターサーバーをレンタルするメリットを口コミ

さいきん、病院の待合室や公共の場所から各家庭にまで普及しているウォーターサーバー。ここまで普及したのには、何か理由があるはずです。それは、いくつかのメリットがあるからです。

「買いに行かなくても美味しい水がすぐ飲めるというメリット」わざわざスーパーに買いに行かなくても、冷たい水をすぐに飲むことができます。市販のペットボトルの水に比べてもさほど変わらないくらいの手ごろな値段です。

むしろ重たい水を運ばなくても済むので楽です。また、各社によって違いはありますが、天然水のものが多く、キレイで美味しい水です。

また「冷たい水や熱いお湯がすぐ使えるというメリット」冷たい水だけでなく、熱いお湯もすぐに使えます。わざわざお湯を沸かす必要もなくなり、電気代やガス代の節約にもなります。

ウォーターサーバー自体に電気代はかかりますが、こちらに記載したように、月に1000円ほどしかかかりませんし、最近のエコサーバーでは節電設計されているものが多くあり、安心です。

また、各社によって機能に違いはありますが、お湯の温度を調整できるものは、お湯の出力量を調節できるものもあります。お湯の出力量を調節することで、お湯がはねるのを防ぐことができます。「水が備蓄できるというメリット」ボトルで10リットル程度の水をセットするので、緊急時の備蓄水としても利用することができます。それに福島の事故の後から、赤ちゃんのミルク作りにウォーターサーバーの安心安全な水を求めているママも多いと聞きました。

このように、ウォーターサーバー使うメリットはいくつかありますが、もちろん逆に、デメリットもあります。

まず設置場所です。「ウォーターサーバーの設置場所のデメリット」冷蔵庫に比べると、全然小さいですが、それなりに場所をとります。病院の待合室や公共施設の広場等に置く分にはあまり気にならないかもしれないですが、家庭では少し邪魔に感じる人もいるかもしれないです。

卓上に置くタイプのものもありますが、それでも気になる人は気になるでしょう。また、冷蔵庫と同様に壁にくっつけて配置することができず、周囲にある程度のスペースを取る必要もあります。「維持費がかかるというデメリット」これは使い方や使用頻度にもよるところもありますが、水代、電気代、ウォーターサーバー代がかかります。

ウォーターサーバーのレンタル代は無料のものもありますが、有料のものもあります。水や電気についても、なかなか比較するのは難しいですが、使い方によっては、設置前より高くなることもあるでしょう。他にも、10リットル程度の水があるので、つい使いすぎてしまうなんてこともあるかもしれないです。

美味しい水を使うにこしたことはないですが、今までは何も気にしないで水道水だったものまでウォーターサーバーの水を利用してしまうとコストがかさんでしまいます。

« 美味しい水の条件について | ホーム | 水の重要性について »

このページの先頭へ