ウォーターサーバーを備蓄水としても活用する

昨年の東北地方太平洋沖地震以来、地震が続いていますが、今後も大きな地震があるのではないかと予測している人もいるようですね。

大きな地震があった後、問題なく生活できるまで復旧するにはどれくらいかかるのでしょうか。地震の大きさ、被害にもよりますが、電気はわりと早く復旧するケースが多いようです。水はどうでしょうか。大きな地震の後のニュースなどを見ると、給水車へポリ容器などを持って列を作っているのを見かけますね。

給水車の水をポリ容器に入れ、飲み水としてそのまま使用するには限度がありますね。数日後、数時間後には菌が発生します。暑い夏であれば、菌の増殖は早い事でしょう。小さな子供やお年寄りなど、抵抗力が弱い人には、尚更飲ませるのに抵抗があるのではないでしょうか。

震災に備えて、備蓄水を用意しておきたいですね。1.5リットルのペットボトルでは、何本必要でしょうか。最低でも1日2リットルの水が必要になります。家族4人いれば2リットル×4人=8リットル。これを3日分と考えと24リットル。1.5リットルのペットボトルで19本必要になりますね。

ウォーターサーバーですと、メーカーにも異なりますが1つ10リットル前後ありますので2つ、3つストックしておけば、とりあえずの水は確保できます。

また、ウォーターサーバーですと、空気が入るのを防ぐので、雑菌が入りにくくなっています。赤ちゃんにも安心してお水を与える事ができます。

もしもの時に備え、電気を使わなくても使用できるウォーターサーバーで、ボトルを2、3本多めに置いておけばよいですね。メーカーによっては、電気を使うウォーターサーバーもありますし、料金も異なりますので、数社比較して検討してみましょう。

当サイトで扱っているウォーターサーバーの中では、ウォーターボトルの開封前も開封後も、もっとも賞味期限の長いこちらのアルピナが備蓄水としては最適です。

防災用にとウォーターサーバーを検討している方は、賞味期限の長いアルピナを検討するのが良いかと思います。

« ウォーターサーバーは買取とレンタル、どちらがお得か? | ホーム | 水がきれいな県で採水されたウォーターサーバー »

このページの先頭へ