アトピーは水を変えるだけで治る?

日本ではアトピー性皮膚炎の発症率が高いと言われています。原因としては、遺伝的な要素が関係すると考えられ、家族や親せきにアレルギー性疾患を持っている人がいると発病しやすいと言われています。

しかし、実は必ずしもそれだけが原因とは言い切れず、皮膚への様々な化学物質などの刺激や、食べ物などによっても発病の引き金になると言われています。

はっきりした原因を特定するのは難しいのですが、乳幼児では食べ物などと関連が強いとされ、年齢が進むとダニなどの環境の関与が大きいとされています。治療にステロイド軟膏などを使って症状を緩和しようと長期にわたって使い続けると、かえって症状がひどくなってしまう方もいらっしゃるようです。

乳幼児期は生後2~3ヶ月から症状が出始め、おでこや目のまわり、頬などが赤くなりブツブツができると、それが水泡になってジクジクしてしまいます。黄色くかさぶた状になってこびりつくと、赤ちゃんや幼児はかゆみが強いため、顔や体を布団にこすりつけたり、指でひっかくようになります。

アトピーで悩んでいる方は多くいますが、特に乳幼児期からの早期のアトピーの発症は心身ともにつらく、思春期になれば交友関係も持てなくなってしまう子もいるほどつらいものですね。

アトピー性皮膚炎の様な慢性的な疾患を治すためには、まず根本の原因を取り除いていかなければなりません。根本治療には私たち人間が本来もっている自然治癒力が必要で、日ごろの生活改善でこの自然治癒力を高めることができるのです。自然治癒でアトピーに立ち向かいましょう。

アトピーを改善していくのには、まず抗原を避けましょう。かゆみのもととなる原因の大気汚染やほこり、ダニなどの化学物質などに注意して体内に侵入させないようにすることです。次に食事などの食べ物や飲み物の摂取に気を付けることです。ビタミン、ミネラルなどが豊富な食品を意識して摂ることも必要です。

副交感神経を刺激するような甘い食べ物は控えると良いそうです。体内の血流を良くすることも自然治癒力を高めるひとつです。多くの病気は血行障害から起きてるようです。クーラーなどの使用での体の冷えに注意して、運動や入浴などでとどこおりがちな血行を促進していくようにしていきましょう。

体内の代謝を良くすると血液もさらさらになります。代謝をあげるひとつとして水をコップ一杯ずつ飲むのも良いそうです。時間をきめて少しづつ摂取すると効果が得られます。しかし、この水も水道水では逆効果になるようです。

水道水には浄水場で殺菌作用の塩素を使って消毒をしているので、法令で決められている濃度の塩素が水道水の中に含まれています。しかも水の中の残留塩素は水中の有機物と反応してしまうとトリハロメタンなどの有害物質になってしまうので、できれば水道水で飲むことはオススメできません

塩素などが無く、水の中に含まれる化学物質をろ過して除去し、不純物などが一切含まれない水であれば心配がありませんね。このような安全な水を提供しているのがウォーターサーバーの水なのです。病気で悩んでいる方なども、水道水では心配になり、ウォーターサーバーを使用している方が多いそうです。ウォーターサーバーを提供している各会社によって水の種類は違ってくるのでまずは確認をしてみて下さいね。

このようにアトピーを改善していくにはまず、生活改善を!! 身近にできることからまず初めてみましょうね。

« 天然水に含まれるバナジウムとは? | ホーム | ウォーターサーバーは買取とレンタル、どちらがお得か? »

このページの先頭へ