水道水を飲み続けると危険?

水道の蛇口の写真私たちが日常生活をしている上で、水は切っても切り離せないものですね。飲み水や料理に使用したり、お風呂やトイレなど様々な場面で使われます。水がないと生活していけないといっても過言ではないでしょう。

ところで、皆さんはどのような水を使っていますか?また、水道水を飲むことに不安を感じたことはありますか?

現在は色々な種類の水があり、水道水・ペットボトル・ウォーターサーバー・浄水器・給水器などがあります。

日本で数多くの家庭で使われているのは水道水ですが、この水道水も飲み水として飲み続けると、人体に影響を及ぼす可能性があるとの見解も出ています。

それはどういうことかと言いますと、水道水には消毒に使われている塩素が含まれていることや、水道管の鉛が水に溶けだしてしまっていることなど、人体には良くない有害物質が水道水の中に存在しているといわれるからなのです。

残留塩素が水の中の有機物と反応して起こる、トリハロメタンは肝障害や腎障害、発がん性もあるといわれています。水道管に含まれる鉛の成分は体内に吸収されやすく、一度吸収されると体外に排出されにくいという特徴があるそうです。鉛が体の中に蓄積されると脳炎や腎臓障害を引き起こしやすくなるとの指摘もあります。

こんなことを聞くと、水道水に関してちょっと恐ろしくなってしまいますね。やはり健康な体でいる為には安全な水であることが不可欠なのです。

日々使う水、そして私たちの体を構成する大切な水であるからこそ、毎日飲む水に関して、一度立ち止まって考えてみてはどうでしょうか?

« マンションの貯水槽の危険性!! | ホーム | 天然水に含まれるバナジウムとは? »

このページの先頭へ