水に含まれる環境ホルモンについて

ここでは、安全なウォーターサーバーの選び方と、環境ホルモンの一種であるビスフェノールAについて書いてみたいと思います。

ビスフェノールAの写真

まず最初に、現在日本で使用されているウォーターサーバーには輸入品の製品も出回っています。業者によっては、飲料水水質検査に合格できていないウォーターサーバーを、何の対策もないままに日本全国に大量に出荷することもあるそうです。

まったく飲めないとは断言できませんが、飲料水として不適合な水であること、安全性の証明、水質検査書の表示確認は絶対に必要だとい終えます。安全の証明である水質検査書を表示しない水質検査不合格であるウォーターサーバーが全国に出回っているのです。

水質検査に合格できないウォーターサーバーの問題点として次のことが挙げられます。 (当サイトで紹介しているウォーターサーバーの各社においては、その検査実績がきちんと公式サイトで公表されているものを厳選して紹介しています。

まず第一に、ボトル水溶器は使用する際に、ボコッボコッという空気が入ります。そのたびに空気中の浮遊菌が混入して、繁殖してしまいます。(この点、こちらのフレシャスは無菌エアレス方式ですので、この心配がありません。)ウォーターサーバーの中は、ビルの貯水槽と同じような状態にさらされます。1度開けてみると一目瞭然なのです。水素の入った貯水槽のほうがはるかに安全だといえます。

第二に、水質検査に合格していないウォーターサーバーは、新品でもメンテナンス後でも機器内タンク・水溶器の中では常に菌が増え続けている状態なのです。

第三に、ボトル水溶器の材質ポリカーボネート樹脂は、溶出による環境ホルモンの問題が国内、海外でも発表されています。この環境ホルモン問題が不安材料として挙げられます。

ウォーターサーバーに使われているウォーターボトルには、リターナブルとワンウェイの2種類があります。

リターナブル型のボトルは再使用するために厚みがあるポリカーボネートで作られており、一方のワンウェイ型のボトルは私たちがいつも使っているボトル飲料と同じPET素材で作られています。

リターナブル型のボトルに使われているポリカーボネートは、プラスチックの一種で、オネートポリカートの原材料であるビスフェノールAが環境ホルモンと呼ばれる内分泌撹乱化学物質のひとつと考えられているため、ポリカーボネート製のボトルに入っている水には、環境ホルモンが溶け出している可能性はゼロではありません。もしも、環境ホルモンがどうしても心配な方はこちらに各サーバーのウォーターボトルの素材を表にしてありますので、ウォーターサーバーを選び際にご参考下さい。

このビスフェノールAが溶け出すには、ポリカーボネートを強力な洗剤で洗浄したり、酸や高温の液体に漬ける条件があります。つまりそのような方法でリターナブル型のボトルを洗浄した場合には、環境ホルモンが溶け出す可能性があります。しかし、低温、高圧で洗浄している限り、ビスフェノールAが溶け出す心配はなさそうです。

もしそれでも、どうしても心配な場合にはこちらのコスモウォーターのように、ウォーターボトルにPET樹脂製ボトルを使っているタイプを選ぶといいと思います。

« 水分補給について | ホーム | ウォーターサーバーと電気代について »

このページの先頭へ