浄水器とウォーターサーバーの比較

ここでは、浄水器とウォーターサーバーの比較ということで考えてみます。

美味しい水を飲む方法として、ミネラルウォーターの購入、ウォーターサーバーや浄水器の導入などがあげられます。

この中でお手軽な方法はミネラルウォーターの購入ですが、毎回購入するのも面倒ですし購入後の運搬が大変ですよね。

最近目にするウォーターサーバーは、業者との契約、サーバーの設置、毎月のボトルのノルマ...となかなか簡単には導入できません。そこで購入し取り付けるだけで、おいしいお水が飲める浄水器にスポットを当ててみました。

ところで何故、浄水器を使用するとおいしくて安全な水になるのでしょうか?その秘密はフィルターにあります。浄水器のカートリッジ内部に活性炭や中空糸フィルターなどがあり、そこを水が通る事で水中に含まれている残留塩素や総トリハロメタン、カビ臭などの不純物などを取り除く事ができます。

またカートリッジには使用目安があり、その目安を超えたらカートリッジを交換します。

活性炭

活性炭は細孔により多くの物質を吸着させる事ができ、残留塩素や発がん性が疑われている総トリハロメタン、カビ臭、農薬などを取り除く事ができます。菌の繁殖を防ぐために銀をコーティングし抗菌性を持たせています。

中空糸膜

ストローのような形状のチューブを糸のように細長く引き伸ばしたものです。雑菌、濁り、赤錆びなどを除去できます。この中空糸膜は非常に小さな穴があいているので、かなり細かい雑菌などが除去可能です。活性炭と組み合わせて使用される事が多いようです。

セラミック

無数に開いている細孔により有機物を吸着させる事ができます。中空糸膜よりも穴が細かく、中空糸膜で除去できなかった物質を取り除く事が可能です。

逆浸透膜(RO膜)

不純物をほとんど含まない純水な水をつくる事ができます。ミネラルなどの必要な物質まで取り除いてしまう為、味はあまりおいしく一般家庭には向いていないと言えます。


上記のような物を組み合わせて、水をろ過しおいしい水にしているんですね。では次に浄水器の設置方法について考えますね。ウォーターサーバーと比較して浄水器は設置することになるのですが、下記のようなタイプがあります。

蛇口直結タイプ

蛇口に直接浄水器本体を取付けるタイプ。コンパクトで一般の家庭でも容易に取付けられるタイプです。カートリッジ交換は年4回程度。販売価格は約1,700円~約50,000円となっています。

据え置きタイプ

浄水器の本体が少し大き目で、流し台の上に置いて使用するタイプ。蛇口と浄水器を専用のホースで繋ぎます。カートリッジ交換は年に1~2回程度。販売価格は約9,000円~約200,000円となっています。

アンダーシンクタイプ

浄水器をシンクなどの下に取り付けるタイプ。カートリッジ交換は年に1~2回程度。販売価格は約30,000円~約200,000円となっています。

ポットタイプ

水道水を浄水ポットにいれるタイプ。カートリッジ交換は年に4~6回程度。販売価格は約1,600円~約8,000円となっています。


この他に災害時に活躍しそうなストロータイプや塩素を除去するシャワー用の物もあります。ポットタイプは気軽に取り入れられそうですね。

« ミネラルウォーターの種類 | ホーム | 水でダイエット!? »

このページの先頭へ