ウォーターサーバーのメリットとデメリット

以前の記事でも書きましたが、ここでは、ウォーターサーバーを家庭に設置することのメリットとデメリットを紹介します。

3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震発生後、コンビニやスーパーなどからミネラルウォーターが一時期的に姿を消しました。水道水から微量の放射性物質が検出されたというのもあるかと思います。

現在はミネラルウォーターは購入できるようになっていますが、いつこのような出来事が起きるかわかりません。そんな時の備えとしてお勧めなのがウォーターサーバーです。

ウォーターサーバーとは、上部にろ過された水やミネラルウォーターを入れたボトルを取り付けた給水機器の事。サーバー内部で水が冷やされたり温められたりしている為、いつでも冷水と温水が使用可能です。

綺麗な水が密閉されたボトルに入った状態で届くため、新鮮で安全性が高いのも良いところ。また替えボトルを家に置いておく事で、いざという時の為の飲料水になります。

しかしお店で販売されているペットボトルの水でも良いのでは?と思う人もいると思います。

このウォーターサーバーのメリットとして

・お水がおいしく安全性も高い
・ペットボトルを購入する手間や、重たい思いをしなくて済む
・冷たい水はもちろん、お湯も出るのでお湯を沸かす必要が無い

などがあります。

安全でおいしい水が飲めるのはもちろんですが、重たいお水を自宅まで運んでくれるので大変な思いをする必要がありません。

またお米をたく時の水や、スープや煮物などに利用したり、赤ちゃんのミルクを溶かす水としても使う事が可能です。(ミルクを溶かす水の温度は約70℃ですので、温水と冷水を適度に混ぜて利用します)

料理に使うと、とってもおいしく出来上がるようです。

このように便利なウォーターサーバーですが、当然デメリットもあります。

・水代がスーパーなどに比べると高い場合も
・サーバー代や水を温める為、約1,000円/月の電気代がかかる
・ウォーターサーバーの設置、ボトルの保存場所が必要
・サーバの衛生面が心配

水代に関しては、今まで利用していたミネラルウォーター代や消費量によって変わってきてしまう為、一概に高くなったとは言い切れませんが、まだまだ高めのようです。

サーバの衛生に関しては、定期的にメンテナンスをしてくれる業者もありますので(ほとんどが該当します)そのような業者を選ぶと良いと思います。

最後に費用です。

・水代
 12リットルのボトルが主流で、995円~1955円と結構幅広い金額帯です。
・サーバーレンタル代
 0円~1,000円。最近はレンタル代が無料の業者も増えてきました。
・ノルマ月に2本~という業者が多いよう。注文をお休みできる業者もあるので、あまり堅苦しく考えなくてもよさそうです。

« 乳幼児の子供の水分量 | ホーム | ミネラルウォーターの種類 »

このページの先頭へ