サーバーの電気代で比較

メーカー名 電気代 付記
コスモウォーター 900円/月 エコタイプ:700円/月
アクアクララ 1000円/月 エコタイプ:350円/月
フレシャス 1000円/月 エコタイプ:700円/月
クリクラ 1000円/月 エコタイプ:700円/月
アルピナ 1000円/月 -
TOKAI 1000円/月 -
ハワイウォーター 1000円/月 -
ブルーウォーター 1000円/月 -
クリティア 1000円/月 -
富士の湧水 1000円/月 -
富士青龍水 1000円/月 -
DMM.com 1000円/月 -
アクアセレクト 1000円/月 -
ワンウェイウォーター 1000円/月 -


電気代は、あまり大きな差がない?

ネットなどでウォーターサーバーを買わない理由をみていると、『電気代やレンタル代金』など水以外にもお金がかかるので、割高感を気にする方が多いようです。

エコサーバーの電気代を示した表

では、実際にどれくらい費用がかかるのかを表したのが上記の表になります。ご覧のとおり、通常のスタンダードタイプのサーバーでも月に1000円程になります。さらに、サーバーのレンタル料は少し高くなりますが、(月に500円ほど)エコタイプであれば、こちらのアクアクララのように月にかかる電気代が約350円なんて高性能サーバーも。

また、サーバーのレンタル料金に関しても、一部のサーバーを除くと無料なところが多いんです。

ウォーターサーバーに必要な全てのお金を考慮しよう!

よって、ウォーターサーバーの値段を見る時には、『水の値段』や『電気代』だけではなくて、全ての費用を考慮する必要があります。具体的には、『水の値段』『サーバーレンタル料』『送料』『メンテナンス代』『解約料金』、そして『電気代』ですね。

こちらに、これらウォーターサーバーを利用するときに必要な全ての費用をまとめたので、ご確認ください。⇒ウォーターサーバー価格比較表。なお、これら全ての費用を考慮すると、一番トータルコストが低いのは、こちらのアルピナになります。

実はウォーターサーバーを使うと電気代が安くなることも?

上記の表のとおり、ウォーターサーバーは、冷たい水を作ったり、温水を作るために電気を使うので、およそ1ヵ月の平均的な電気代は、どのサーバーも1,000円くらいは必要になります。(エコタイプは電気代は安いですが、レンタル料が若干高くなります。)

しかし、このウォーターサーバーを使うことによって、電気ポットでの湯沸しをする必要もなくなりますし、冷たい水を保管している冷蔵庫の開け閉めの回数が減ることによる電気代の削減、また湯沸しのためのガス代等の節減効果もありますので、むしろウォーターサーバーを設置したことによってトータルの光熱費が下がったという声もよく聞きます。

このページの先頭へ