クリティアは妊婦さんでも飲める安全な水

ママが赤ちゃんをおなかに宿したその時から、赤ちゃんはママが口にした食べ物や飲み物などから一生懸命栄養を吸収しています。ですから、ママが口にするものにはちょっと気を付けなければいけませんね。

妊婦さんの愛情たっぷりのイラスト

たとえば、農薬や放射線などの有害物質がついている食べ物を食べてしまうと、その有害物質が体の中で蓄積され、体に支障をきたす恐れがあります。ママの体も危険ですが、それ以上におなかの中にいる赤ちゃんの命も守ることができなくなってしまいます。

このようにさまざま気を付けていかなければならない物の中に、普段良く飲んでいる水道水にも危険が潜んでいる危険性があるのです。水道水は、河川などから取り込んだ水を、浄水場で塩素による消毒でキレイにしているのですが、この塩素も水道水には残留塩素として含まれています。この残留塩素も量が増えてしまうと、人体への影響が出ると懸念されているのです。

また、今までに浄水場で基準値を超える有害物質が何度か検出されたという結果もあるので、水道水は安全なものと言えなくなりました。では、何を飲んだら安全なのでしょうか。

現在妊婦さんでも安心して飲める水として、全国産婦人科医会にも認められているという安全な水を宅配しているのが、こちらで紹介しているクリティアになります。このクリティアの特徴として、

  • 硬度が25度の軟水
  • しっかり放射能検査済みである
  • 厳重な品質管理のもとに水を製造している

これらの特徴があり、その点が妊婦さんにも飲める安心な水として、産婦人科でも使われている理由だといえます。では、もう少し詳しく解説してみますね。

全国産婦人科医会が認めている理由とは


point1.gif放射線物質検査済みであること

原水には、放射能物質が気になる地表に露出している水は一切使っておらず、富士山麓の地下から汲み上げた天然水を使っているので、放射能がまず入っていることはありません。また、放射能検査はしっかり毎日行っていて、いかなる検査においても放射能は検出されていませんので安心です。


point2.gif使い捨て式の水ボトルでいつでも衛生的

クリティアのウォーターボトルは、菌やハウスダストなどの有害物質の入る心配がない使い捨て式(ワンウェイ方式)の水ボトルのため、いつでも衛生的で小さな赤ちゃんの調乳用としてもとても安心できるかと思います。ワンウェイタイプのボトルは使い切りタイプで、ボトルの中に外気が入らない仕組みになっている収縮タイプのボトルを使用しています。よって、空気中に浮遊しているチリやウィルスなども入る心配がなく、さらに安心できるかと思います。


point3.gif硬度の少ない軟水なので、体に負担がかからない

赤ちゃんは内臓が未発達であるために、硬度の高い水を飲むと体に負担をかけてしまう恐れがあります。硬度の少ない軟水であれば体に負担をかけることなく安心して与えることができますね。

このような理由から、妊婦さんから赤ちゃんまでが安心して飲むことができる水として、全国産婦人科医会から認められているのです。赤ちゃんの口にはもちろん、お腹に赤ちゃんを宿された妊婦さんにもとっても安心な水ですので、育児中の方であれば離乳食などにも使え、手軽に料理に使用することもできますね。赤ちゃんの為に安全なお水をいかがでしょうか?

クリティアのトップページに戻る

追記:)現在日本ではさまざまな食べ物がありますので、すぐ買って食べたり飲んだりすることができますが、妊娠したら栄養を摂ることも大事ですが、栄養の摂りすぎも良くありません。味の濃いものを食べ過ぎて、塩分を摂りすぎてしまったりしまわないようにきをつけましょうね。野菜などの栄養価の高い物も、農薬などを使っていない有機野菜などを食べるようにしたほうが良いですね。放射性物質などが気になる食品などは、しっかり検査されている安心な食材を選びましょうね。

ホーム | 産婦人科でも使われるクリティア »

このページの先頭へ