クリティアの特徴

クリティアのウォーターサーバー

クリティアの総合評価

クリティアのウォーターサーバー写真

2011年モンドセレクション 金賞を受賞したクリティア。その水源地は霊峰富士なんです。富士山麓の地表より203m地下の汚染とは無縁の地下から汲み上げた天然水。

この天然水は60年以上もの長い年月をかけてゆっくりと富士山の玄武岩地層でろ過されているんです。そんなナチュラルミネラルウォーターだから、【厚生省おいしい水の要件】というものにほぼ合致する名水として、鑑定書も受賞。とにかく美味しい水が飲みたい、味にこだわるならクリティアが一押しです。

水の質 お水の値段*1 衛生面 キャンペーン
☆5つ ☆3つ ☆5つ ☆4つ
非加熱天然水 500mlあたり74.5円 ワンウェイ方式 ボトルプレゼントあり

point1.gifとにかく美味しいバナジウム天然水

富士山麓のクリティアの採水工場

クリティアの採水地は富士箱根伊豆国立公園内にあります。海抜920mにある採水工場にて、その地下奥深くの203メートルという、環境汚染などとは無縁の場所から、大切に汲み上げた水が100%天然のクリティアなんです。

この採水地一帯では、天然の「玄武岩地層」が存在しています。クリティアの水は、その自然のフィルターをなんと60年以上もの長い時間をかけてゆっくりと通過。余計な不純物が除去され、美味しさだけが残った水が、このクリティアなんです。

point2.gif非加熱へのこだわり、生のおいしさをお届けしたい

クリティアの水はとことん美味しさにこだわっています。そのこだわりを端的に表しているのが、非加熱処理。

もともと天然水は、採水さえた時には、自然に含まれる天然の酸素がたっぷりと含まれています。この酵素は含まれている水には、どくとくの美味しさがあるんですね。例えば、山などの小道から湧き出ている水を飲んだ事ありますか?

どれだけ浄化しても、決して真似できない天然の美味しさがあるかと思います。それは、その水が酵素を含んだ活きている状態だからなんです。もともと天然水には豊かな風味があります。

非加熱処理を達成するための検査を実施中

その天然水を加熱してしまうと酵素などが熱で破壊され、せっかくの天然の美味しさが損なわれてしまうんです。そこで、この富士山の天然水の美味しさを維持するためには、加熱しないで浄化する必要があり、だからこそクリティアは完全な「非加熱処理」にこだわっているんです!

ただ、この非加熱での浄化処理を達成するのは、大変なコストがかかり、環境の整ったクリーンルームの整備、そのクリーンルームでのボトル充填施設。さらには1日につき10回以上にもなる厳重な品質検査をすることにより、非加熱でのボトリングを達成しています。

このように天然水のミネラルウォーター"クリティア"は、清浄度の高い富士の原水と徹底的に清浄化した加工施設をもつことで、お客様へ"生の味わい"を提供することを可能にしています。


クリティアのお申込みバナー

産婦人科でも使われるクリティア

赤ちゃんがミルクを飲んでいる写真

クリティアの水は、とにかく安全。そのため、産婦人科などでも使われているとのことです。

クリティアが採れる採水地周辺では、深い森や厚い土が豊富にあるために、その水は環境汚染などからしっかりと守られているんですね。

そんな、もともと安全な水を、さらに汲み上げたあとに1日10回以上におよぶ厳格な品質検査を行って安全性を確認しているんです。水のボトリングは、環境の整ったクリーンルームで実施。だからその安全性が高く評価され、産婦人科などでも使われているんですね。

クリティアは妊婦さんでも飲める安全な水

ママが赤ちゃんをおなかに宿したその時から、赤ちゃんはママが口にした食べ物や飲み物などから一生懸命栄養を吸収しています。ですから、ママが口にするものにはちょっと気を付けなければいけませんね。

このページの先頭へ