ピュアウォーターとは!?

アルピナといえば、超軟水で不純物が非常に少ないため、『ピュアウォーター』と言われることもあります。このピュアウォーターとは、一体、どのような意味なんでしょうか?

まず、『ピュア』という言葉の通り、このアルピナの水は、何重ものろ過を通しているので、ミネラルなどの水以外の成分や、小さな不純物を徹底的に除去していますので、日本語的には『純水』というイメージでしょうか?

また、当サイト『ウォーターサーバー比較ランキング』でも紹介している、アクアクララやクリクラなどと同様に、その浄化方法(ROシステム)からとって、RO水ということもあります。

微量のミネラルは健康のためには必要ですので、このアルピナウォーターには、ミネラル成分が非常に少ないというと、なんだか天然のままのミネラルウォーターの状態の方が良いきもしますよね。

でも、アルピナのピュアウォーターのように、ミネラルをはじめとした不純物を一切含まない純水は、逆に飲む人を選びませんし、余計な風味やクセがないので、万人受けするとも言えます。

つまり、ピュアウォーターは、ナチュラルウォーターの対極にある種の水ですので、お好みに応じてということになります。どちらが良いとは言えませんので、可能であれば、試飲をするなり、無料のお試しキャンペーンなどがあれば、そういった制度を使って、自分の口に合うのか、試してみてから申し込みするのが良いと思いますよ。


アルピナのピュアウォーターは、サーバーとの相性が非常に良いという特徴があります。それは、アルピナの「純水」は、ミネラルをはじめとした不純物を、一切含まないために、ウォーターサーバー内の複雑で掃除のしにくい部分にも、そもそも不純物が少ないために、汚れなどが付きにくい、といったメリットがあるんですね。

つまり、アルピナのサーバーでは、雑菌のエサとなりやすい汚れやミネラル分が、サーバーのどこかに溜まってしまう事が少ないので、衛生的で、メンテナンスなどにおいても、便利といえるんじゃないでしょうか?

まぁ、私が調べたところ、当サイトで紹介しているウォーターサーバーの会社さんは、どこもしっかりとメンテナンス契約を結んで対応してくれますので、衛生面に関しては、安心です。ただ、一般論としては、不純物の少ないアルピナウォーターに関しては、他のミネラルの多く含んだ水と比較すると、汚れにくいと言えるようです。

アルピナピュアウォーターの活用方法について

このアルピナピュアウォーターは、クラスターが細かくなっていますので、溶解率が高いのが特徴なんですね。つまり、赤ちゃんにあげる粉ミルクなどの成分を損なう可能性も非常に低いですし、安心して使えるんじゃないかな、と思います。

とくに、赤ちゃんのように、まだ充分に内臓が発達していない時には、余計なミネラルが含まれていないアルピナが良いかな、と思っています。

さらに、このアルピナの純水は、お茶や紅茶、コーヒーなどとの相性も良いと評判のようですね。私は、試飲したときには、お茶などにしていないので、正直、分かりませんが、クラスターが小さいことや、また不純物が徹底的に除かれている点を加味すると、他のウォーターサーバーよりも、お茶やコーヒー本来の味や香りを引き立たせるのに最適かもしれません。

« 調乳用に必要な2つのポイントを満たす宅配水 | ホーム | 赤ちゃんのミルクに最適なアルピナ »

このページの先頭へ