ペットに良い水とは?軟水がおすすめ

喉の乾いたかわいい犬の写真大切なペットがいるご家庭では、やっぱりペットに与える食事や、生活習慣に気をつけている方も多いのではないでしょうか。

人間にとっても大切な水は、動物にとっても大切なものです。動物は水分を摂って排泄物として毒を排出するので、水分をしっかり摂らなければなりません。

ペットの食事にドライフードを与えている方が多いと思いますが、ドライフードは人工的に作られたものであり、水分が十分に含まれていません。

よって、慢性的に水不足になりやすい傾向があると言われており、老廃物をしっかり排出することができなくなってしまったり、血液循環が悪くなったりしてしまうことがあるようです。

ペットに水を飲んで欲しくても、思うようには飲んではくれないことが多いですよね。改善策としては、まずはペットの食事の水分量を増やすことがおすすめです。

どのように水分量をふやすのかと言いますと、ドライフードを水につけふやかしてみたり、またはペットフードを手作りで与えることでも解消できるようになります。

愛情のこもった手作りのペットフードを作るのも、手の込んだものでなくてはいけないということはありません。昔から人が食べ残したものをペットに与えていたりしていましたので、水分が含まれる野菜などを市販のペットフードに少し足してあげるだけでも有効だと思います。

ただ、この時の注意点として、水の種類は、ミネラルウォーターのようなマグネシウムなどのミネラル成分が多く含まれている水は好ましくない様です。

ミネラルなどが多く含まれている水を与え過ぎると、尿路結石などの病気にかかりやすくなる傾向がある様です。もちろん、水道水も残留塩素が含まれていますので、あまりオススメができません。

浄水器でろ過したものや、ウォーターサーバーなどの、ミネラル成分などもろ過されている硬度の低い軟水を与えるのがオススメです。もしもペット用の水をお考えなら、ミネラル含有率が低い、ピュアウォーターのアルピナがおすすめです。アルピナに関しては詳しくはこちらをご参考ください。

愛するペットが水分不足に陥っている時は、脱水症状を引き起こすこともあります。食事や散歩の後は水分補給が必要です。犬や猫であれば、体重1キロあたり、約50CCの水分が必要です。

脱水症状になっている場合は、口の中が乾いていたり、首の皮膚を引っ張ってからすぐ元に戻らなく、徐々に皮膚が戻る様であれば、脱水症状の危険性があります。尿の色も、いつもより濃い様なら脱水症状の可能性があるので、注意してみてみましょう。

また、夏場の暑い時期に運動を行った後の水の飲む量ですが、沢山運動したとしても、倍量までは飲みませんので、水をいつもより2~3倍以上飲む様な時は、病気になっている可能性もあります。目安として見てみて下さい。

ホーム | 調乳用に必要な2つのポイントを満たす宅配水 »

このページの先頭へ