賞味期限が長いアルピナは備蓄水として最適

備蓄水のイメージ画像
「もう備蓄水は準備している」という方もいるかと思います。

ここで質問です。『その水の賞味期限は大丈夫ですか?』
『ほんとうに必要な水の量は確保できていますか?』

実は開封していないとはいえ、ボトリングされた水には賞味期限があり、注意する必要があります。また、防災対策の専門家によると、飲み水として考えるだけでも、大人1人あたり1日2リットルを、最低でも3日分程度は確保する必要があるとのことです。

つまり4人家族であれば、どんなに少なく見積もっても、28Lは必要。それも賞味期限内のものを。意外とハードル高いですよね?

少し振り返ると、2011年3月の東日本大震災。地震だけではなく、その後の津波や原発事故の影響もあり、数多くの被災者の方が亡くなる痛ましいこととなりました。

今回の地震では、福島第一原発の放射能漏れの事故もあり、ニュース報道後は、スーパーやドラッグストアをはじめ、インターネット上の通販サイトからペットボトルの水がなくなる事態となりました。

さらに、当サイトで紹介しているウォーターサーバーもすべて設置まで数か月待ちという状態に。万が一の時に水が無いのは、まさしく命に係わりますので、こういった状況に陥らないようにするためにも、まさしく心も体も元気な時に、防災に備えて備蓄水を準備する必要があります

そこで、備蓄水としてのウォーターサーバーを提案ます。なかでも、こちらで紹介しているアルピナは、開封前・開封後、どちらをみても賞味期限がもっとも長いウォーターボトルなため(余計な物質の入っていないピュアウォーターだから賞味期限が長いんです。)こういった万が一の備蓄水としても最適なんです。

現在、水としてスーパーをはじめ、身近で売られている水の代表例として、ペットボトルがあります。ペットボトルの水は気軽に購入できとても便利だとおもいますが、実は、ペットボトルの賞味期限は未開封の状態でも1年程度なんです。もちろん開けてしまった後は、カルキなども入っていないために、外気に触れて雑菌が繁殖しやすいので、1週間もすると飲用に適さなくなります。

もちろん、こちらの『アルピナ』の水も未開封の状態での保存期限は約1年です。(開封後でも3か月程度と保存がききます)。

これでは、どちらも同じに見えますよね。でもよく考えてみると、ペットボトルの水は、備蓄水として置いておくなら、定期的に買い換えたりしなくてはいけませんよね。

一方で、アルピナは、ウォーターサーバーの上に乗っているだけ、もしくはすぐに使うものとして家庭に置いてあるので、常に新鮮と言う訳です。しかも、そのウォーターサーバーが万が一の時には備蓄水として威力を発揮するんです。

ということで、備蓄水をお考えの方は、わざわざ備蓄水としてペットボトルなどを購入して賞味期限を気にするのではなく、毎日のむウォーターサーバーを万が一の時の非常水にもすると考えてみては如何でしょうか?

備蓄水としてのアルピナ

アルピナは1本あたり12Lですので、4人家族であればこれが3本もあれば、防災用としては充分だと思います。

アルピナのトップページあc

« 赤ちゃんのミルクに最適なアルピナ | ホーム | アルピナウォーターの特徴 »

このページの先頭へ