アクアクララのウォーターサーバーの特徴

アクアクララ

アクアクララの総合評価

actop.JPG

数あるウォーターサーバーの中でも断トツの知名度を誇る『アクアクララ』。ここではそんなアクアクララの3つの特徴を紹介します。

アクアクララは定期的にお得なキャンペーンもやっていたり、またウォーターサーバーの種類も豊富なので、楽しみながらインテリアにマッチした色々なウォーターサーバーを選んでみたい方には最適!なウォーターサーバーだと思いますよ^^

水の質(水道水) お水の値段*1 衛生面 キャンペーン
☆3つ ☆4つ ☆4つ ☆4つ
逆浸透膜(RO膜) 500mlあたり52.5円 最新鋭の設備 会員限定サービス
*1 サーバー代が別途かかります。

point1.gifお水への徹底したこだわり


まず最初に、アクアクララの特徴として、水へのこだわりを挙げてみたいと思います。

riv0064-049_m.jpg

アクアクララのウォーターサーバーに使われる水は、食品衛生法の基準をしっかりと満たした、美味しくて飲用に適した原水を利用しているとの事です。さらに、そのような水を、アクアクララ独自の技術でろ過し、さらにミネラルの調整までした水が、アクアクララの「デザインウォーター」なんですね。

私は当初、ろ過したり、ミネラルの調整をしたりといった、余計な手間を掛けるよりも、美味しい原水そのままの自然な水でいいんじゃないかな、と思ったんですね。

でも、アクアクララのホームページにも書いてありましたが、天然由来のミネラルウォーター以上に、このアクアクララの『デザインウォーター』と名づけられたものは美味しさと安全さを追求したとのことです。

まさしく、徹底した美味しい水へのこだわりを感じるのが、アクアクララのウォーターサーバーの一番の特徴だと思います。では、このページでは、更に詳しくアクアクララのとっても美味しい水が出来るまでの工程を、アクアクララさんの公式ホームページを参考にしつつ、私が調べた範囲でも紹介してみますね。


point2.gif製造への徹底したこだわり

まずアクアクララの水は、上でも記載したとおり、食品衛生法の基準をきちんと満たしている、飲用に適した水を原水としているとのことです。その美味しい天然のミネラルウォーターを、なんと1000万分の1mmと言われる極小の浄化孔フィルター(通常、RO膜とか、逆浸透膜などと言われるフィルターです)で、しっかりと不純物を、ろ過します。

aqua.gif

その磨き上げられた水に、現代人が不足しがちな4種類のミネラルをバランスよく添加することにより、日本人の口にあった美味しい水ができあがる、という訳です。

私も飲みましたが、とってもまろやかで美味しかったですよ。さらに、HPによると、このアクアクララはミネラル専用工場を持っているとのこと。ですので、製造時の工程管理はもちろんのこと、ミネラルの原料から製品までに厳しい基準を設けており、しっかりと品質チェックを実施していると書かれていますので、ますます安心だと思います。


アクアクララの注文サイト

選べる2サイズのウォーターボトル

awater.jpg

アクアクララのデザインウォーター。この水は逆浸透膜(RO膜)と呼ばれる特殊なフィルターで、しっかりとろ過した安全な高純度水に、さらに人体にとって必要な4種類のミネラル成分をバランスよく配合したまさしく『デザイン』されたお水。

このデザインウォーターが、利用量やライフスタイルにあわせて、2種類のサイズから選択できます。ひとつは一般的な12リットルのサイズのレギュラータイプ。そしてもう一方が、8Lのスリムサイズで単身の方などにおすすめだと思います。

芸能人がCMしている宅配水のアクアクララ

芸能人がイメージキャラクターを務める、宅配水のアクアクララです。芸能人がCMで紹介しているベビアクアとは、アクアクララのプランのひとつで、3歳未満の赤ちゃんを持つママさんと妊婦さん限定のプランです。

この宅配プランの特典としては、もれなくウォーターボトル12Lの無料引換チケットが5枚プレゼントされます。お子様が誤って熱いお湯に触れないように、温水コックにロック機能が付けられているので、まさしく赤ちゃんが居る家庭におすすめのウォーターサーバーですよね^^

アクアクララの口コミ

ac.JPG今自宅で大変重宝しているもの。それがここで紹介しているアクアクララのウォーターサーバーなんです!!

ウォーターサーバーを置こうと思った理由は、実は以前働いていた会社で使っていたから。そう、それだけの理由なんです。

私は会社に入った当初、お水のサーバーがある事は知っていましたが、お水にお金払ってまで置く必要ってある?もったいないじゃんぐらいに思っていたのです。だって水道水で今までやってきたんだもん、別に必要ないじゃんって思っていました。

しかし、会社のお昼休憩にカップラーメンやスープ系を食べようかと思っている時に使ってみたんですね。

このページの先頭へ